トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
5位
アクセスランキングを見る>>

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

カテゴリ:Soccerのエントリー一覧

  • J2 第19節 アビスパ 3-1 名古屋

    HOMEレベルファイブスタジアム14分 0-1 シモビッチ(名古屋)71分 1-1 石津83分 2-1 城後91分 3-1 石津ここ10年で最高の試合!首位攻防戦、ホーム、1万3千人の観客、1点ビハインドから相手のレッドカードで数的優位に。石津の同点弾。そして城後の登場。その城後の逆転ゴール。さらに石津の追加弾。こたえられない試合でした。試合の質という点ではともかく、展開としてはこれ以上はない勝ち方。この1週間、いろいろな動画...

  • W杯最終予選 イラク 1-1 日本

    久しぶりに代表の試合を見た。暑くて動けないせいだろうけど、非常に退屈な試合。開始間もなく、日本が先制した後、知らないあいだに寝てしまっていた。W杯出場をかけた真剣勝負なので、勝っていさえすれば、退屈だろうがなんだろうが関係ないけれども、ぶざまな形で追いつかれた後は、なすすべなし。なんだろうねこの試合。日本もイラクもテクニックはあるけれども、試合のレベルは、普段見慣れているJ2の試合とあまり変わらない...

  • J2 第18節 アビスパ 0-0 千葉

    AWAYフクダ電子アリーナ猛烈な砂ぼこりが舞って、画面で観ているこらちまで息苦しくなるような試合。千葉県全域で強風注意報が出されており、隣の草野球場の土が舞い込んできたらしい。水を巻いても効果がなかったようだ。関東ではよくあることらしいが、選手や観客にとってはかなり厳しい環境。ただ、試合終了前の決定機を見逃してもらえたのは、この砂埃のおかげかもしれないと思えば、そう恨むわけにもいかないか。(ネット上の...

  • J2 第17節 アビスパ 3-1 讃岐

    HOMEレベルファイブスタジアム04分 1-0 ウェリントン12分 2-0 山瀬18分 2-1 原(讃岐)28分 3-1 岩下開始早々立て続けに2点を先制。と思ったら、PKを計上して1点差。(でもあの判定は厳しくないか?)別のシーン、岩下が異議でイエローカードをもらう。波乱含み。まだまだ何が起こるかわからない雰囲気。その岩下の3点目で一安心。といきたいところだが、そうはいかず、後半に入って何度も決定機を作られてしまう。GK杉山...

  • J2 第16節 アビスパ 1-3 群馬

    HOMEレベルファイブスタジアム14分 0-1 カンスイル(群馬)27分 0-2 高井(群馬)39分 0-3 高井(群馬)45分 1-3 ウェリントン首位と最下位の対戦とあって、前節に引き続き、大勝することも期待された試合。ところが前半で0-3。眼を疑う。レベスタに駆け付けたファンには災難のような試合となった。相手をナメすぎたのだろうか。首位から2位に転落。湘南、横浜FC、ヴェルディなど、上位陣がそろって負けてくれたのが唯一の...

  • J2 第15節 アビスパ 5-0 金沢

    AWAY石川県西部緑地公園陸上競技場 18分 1-0 ウェリントン24分 2-0 石津42分 3-0 ウェリントン73分 4-0 松田87分 5-0 松田海外出張の途中、香港空港で結果を知った。圧勝。石津の今季2点目。松田の今季初得点と2点目。そして、首位奪取。すばらしい結果。応援にいったサポーターが羨ましい。これで4連勝。しかも4試合連続無失点。得失点差+10の荒稼ぎ。今後の相手は、第16節 群馬第17節 讃岐第18節 千葉第19節 名古...

  • J2 第14節 アビスパ 3-0 湘南

    AWAYShonan BMW スタジアム平塚45分 1-0 ジウシーニョ58分 2-0 三門87分 3-0 城後ウェリントンの激突の場面から見た。それまでは一方的に攻められていたらしい。そのあと岩下も相手選手に頭をぶつけられ、悶絶。ただ、アビスパの選手も湘南の選手も、このときに限らず、いろんな場面で握手をしたり肩を叩いたりしていて、険悪な雰囲気はなかった。ずっとフェアなやりとりだったのが意外といえば意外。この二チームは仲がいい...

  • J2 第13節 アビスパ 1-0 岡山

    89分 1-0 ウェリントンジウシーニョと坂田がやはりいい。これまで「剛」の攻撃だけだったのが、意外性のあるパス・ドリブルが加わり、「柔」の攻撃もできるようになった感じ。相手にとってみれば、アビスパの攻撃に、いやらしいさ、しつこさが出てきたということ。とはいえ、岩下のスーパーミドル、ウェリントンのバイシクル(10節ヴェルディ戦でもトライしていた。結構好きなのかも)など、攻撃を続けるが、なかなか入らない。...

  • J2 第12節 松本山雅 0-1 アビスパ

    22分 0-1 ウェリントン坂田、ジウシーニョが初先発。岩下も帰ってきた。坂田のスピードと老獪な動き、ジウシーニョの高い技術と広い視野からの確実なパスで、これまでになくボールが回る。アビスパらしくない動きだ。ぽっかり空いたゴール前のスペースから、ウェリントンが見事なシュートで先制。いつ2点目が入ってもおかしくない試合だったが、後半に入って守りに入ると、一方的に攻められてしまう。前半と後半で、どうしてこ...

  • J2 第11節 徳島 2-1 アビスパ

    20分 0-1 實藤24分 1-1 島屋(徳島)53分 2-1 内田(徳島)前節で首位のヴェルディを倒し、この試合でも先制点。ちょっと調子に乗り過ぎたのではないかと思う。自分たちはけっこう強いいんだと錯覚したのではないか。最初の失点シーンは、相手のドリブルを、ずるずる下がってシュートを決められる、かなり情けない形。こういう緩い守備はJ2でもなかなかみることができない。(その前にも一度同じようなシーンがあった)2点目...

  • J2 第10節 アビスパ 1-0 東京ヴェルディ

    82分 1-0 ウェリントン今季初観戦。試合開始まで2時間ほど時間があったので、「天ぷらひらお」まで歩いていったら、ものすごく並んでいて、駐車場まではみ出していた。店に入るまで30分ぐらいかかっただろうか。照り返しで日焼けして、ぐったり。はじめて行って、美味しかったけど、試合のある日は、もっと早く行かなければ。戻ったのが試合開始30分前。スポンサーの(株)ピエトロの社長が亡くなったとのことで、黙祷などのセレ...

  • J2 第9節 水戸 1-1 アビスパ

    11分 1-0 林59分 1-1 ウェリントン(アビスパ)得点力があるとはいえないアビスパでは、先制されると苦しい。勝点1を獲れたことで、満足しなければなるまい。ウェリントンも、連携はだんだん良くなっているといっているし。なんと名古屋が山口に敗れ、首位陥落。松本山雅は、最下位近辺を低迷する京都と引き分け。湘南も大分に0-1で破れ、上位陣はのきなみ足踏状態。どのチームも、戦力の整備に苦労しているようだが、主力を怪...

  • 厳しい戦い

    なんと、松本山雅が熊本に、0-2で敗れてしまった。なので、アビスパの6位は変わらず。J2とは、難しいものだ。次節、4/22(土)は、アウェイで、現在13位の水戸戦。そこからの5連戦が厳しい。 第10節 4/29(土) 03位 東京ヴェルディ(レベスタ) 第11節 5/03(水) 04位 徳島 第12節 5/07(日) 07位 松本山雅 第13節 5/13(土) 16位 岡山(レベスタ) 第14節 5/17(水) 02位 湘南現在16位の岡山を除けば、...

  • J2 第8節 長崎 0-1 アビスパ

    80分 0-1 坂田(アビスパ)試合がはじまって、いつのまにかウトウトしてしまった。気がついたら20分過ぎ。ウェリントンだよりのクソサッカーは相変わらず。ボールがつながらない。長崎も似たような、パスミスも多く、状態がいいように見えない。亀川が走る分、アビスパの方がましか。退屈な試合。時折のシュートも、枠に飛ばず。また眠たくなって、いつのまにかハーフタイム。後半35分、交替で入ったばかりの坂田選手が、ジウシ...

  • J2 第7節 アビスパ 1-3 町田

    66分 1-0 ジウシーニョ(アビスパ)87分 1-1 中島90分 1-2 中島95分 1-3 中島06位→08位1 下位の町田相手に、2 ホームで、3 相手が一人少なくなってから、4 後半残り3分で、5 ハットトリックを決められて逆転負け、という、ありえないほど屈辱的な試合。地元のファンやお客さんに失礼ではないかという言葉が、これほどあてまはまる試合も珍しいのではないか。もっとも、J1昇格を果たした監督を成績不振で切ったら、そ...

  • J2 第6節 アビスパ 0-0 横浜

    05位→06位雷や雹で、開始が遅れたり、中断した試合。攻撃を続けたが、結果を出せなかった。ホームで引き分けではダメじゃないかと思ったが、次週の結果を考えると、勝点1でも儲けものだったのかも。...

  • J2 第5節 山形 0-0 アビスパ

    05位→05位富安、岩下、ダニルソンがいない中、アウェイでの引き分け。最低限のノルマは達した、と言いたいところだが、湘南が走り出しそうだし、上位のヴェルディも強そうなので、できれば勝ちたかった。今年はプレーオフ進出が目的ではないはず。自動昇格を目指すならば、アウェイでも勝点を獲得していかなければ。試合の方は、ディフェンスは、慎重なボール回し。堤選手が今年初出場で出ているので、一昨年のアビスパを思わせて...

  • W杯 最終予選 UAE 0-2 日本

    前半14分 0-1 久保(日本)後半37分 0-2 今野(日本) ひさびさに代表の試合を見たので、顔がわからない。背番号と名前を確認しながら観戦。UAEの10番オマルが上手くて、長いスルーパスをバシバシ通す一方、日本はパスミスか目立ち(山口選手)、セカンドボールを拾えないので、危なっかしくてしょうがない。いつのまにか決定的なチャンスをつくられてしまうし、やはり長谷部がいないのが大きいのかな。しかし、不思議なことに久保...

  • J2 第4節 アビスパ 2-1 熊本

    後半09分 1-0 冨安(アビスパ)後半11分 1-1 巻後半31分 2-1 ウェリントン(アビスパ)07位→05位またもや、仕事で見れず。あいかわらずドタバタしているようだが、それでも勝てているのはいいことだ。なんだかんだいっても、首位と勝点1差につけている。4試合中3試合で2得点で、得点力は上がったが、ここまで失点ゼロの試合なし。上位グループとの対戦が始まる前に、そこをなんとか改善できれば。...

  • J2 第3節 アビスパ 2-1 京都

    前半03分 1-0 山瀬(アビスパ)後半26分 2-0 ウェリントン(アビスパ)後半28分 2-1 仙頭10位→07位仕事で見れず。観戦に行った同僚の話によれば、あいかわらず後半は攻められっぱなし。ダニルソンが頑張っていた。キーパーの杉山は、不安。それでも、この勝ちは大きい。去年1年でリーグ戦4勝しかできなかったのが、わずか3試合で2勝をあげ、半分を稼ぐことができた。チームとしては、まだまだのようだが、勝つことが何より。...

  • J2 第2節 山口 1-2 アビスパ

    前半13分 0-1 ウェリントン(アビスパ)前半39分 0-2 石津(アビスパ)後半08分 1-2 小塚13位→10位ネットで見た。ウェリントン、石津がそれぞれ今季初得点。それは素晴らしいけれど、アビスパのサッカーは、かなりのクソサッカー。結局、ウェリントンに当ててなんとかするだけ。ゴール前にボールを持っていく手立てを、それ以外は持ち合わせていないようだ。最初の数分間は、圧倒できたが、しばらくすると相手ペース。そこか...

  • J2 第1節 アビスパ 1-2 大分

    45+3分駒野(アビスパ)26分松本90+3分鈴木数年前に較べれば、贅沢といっていいほどの陣容を誇る今期のアビスパ。1年でJ1復帰が今期の目標。これまでになく、周囲の評価も高い。ホームでの開幕戦。相手はJ3から上がってきたばかりの格下の大分。しかも九州ダービー。勝利が絶対条件。最低でも引き分け。中身よりなにより、結果が重要。ところが、なんということ。ロスタイムの失点であえなく敗北。これは許しがたい。ありえない...

  • 2ndステージ 第17節 アビスパ 0-4 柏

    11月3日の試合。J1セカンドステージ最終戦。前回レベスタに来たのは、2009年4月15日(水) のJ2第8節、愛媛戦が最後だったと思う。7年ぶりのサッカー観戦。2011年のJ1(篠田アビスパ)のときは、たぶん1試合も観ていない。あのときは、補強がうまくいかず(というか引き抜かれすぎて補強どころではなかった)、最初から期待できそうになかったので。J1のアビスパを見たのは2006年4月23日のJ1第9節の新潟戦まで遡る。ホベルトと...

  • 2ndステージ 第16節 広島 4-1 アビスパ

    10月29日の試合。結果は実力相応というところか。城後のオーバーヘッドキックによる得点が、唯一の見どころ。先制点を決めた佐藤寿人は、広島を退団がきまった。来年は名古屋の選手として、J2で対戦することになる。...

  • 2ndステージ 第15節 アビスパ 1-2 甲府

    10月22日の試合。降格決定後の試合にもかかわらず、10536人の観客。相手のオウンゴールで先制するも、後半に逆転され完敗。ひどい試合だな。...

  • 2ndステージ 第14節 名古屋 5-0 アビスパ

    点が取れないチームが、開始18分で失点しては話にならない。36分に追加点を奪われ、万事休す。新潟が勝ったため、アビスパの降格が決定。残りまだ三試合あるのに。4勝7分20敗という成績では、仕方がないか。とはいえ、31試合で20敗とは負けすぎだ。また、来季から出直しだが、どれだけの選手が残ってくれるのだろうか。...

  • 2ndステージ 第13節 アビスパ 1-4 神戸

    9月25日の試合。またもや完敗。最下位転落。17位湘南との勝点差1  15位新潟との勝点差8  変わらず。...

  • 2ndステージ 第12節 湘南 0-2 アビスパ

    9月17日の試合。5連敗後の久々の勝利。湘南を抜いて17位に上昇。16位名古屋との勝点差4  15位甲府との勝点差8  3短縮。...

  • 2ndステージ 第11節 川崎 3-1 アビスパ

    9月10日の試合完敗。ただそれだけ。17位湘南との勝点差3  変わらず。15位甲府との勝点差11 変わらず。...

  • ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 アビスパ 0-2 FC東京

    9月4日の試合。今季、FC東京に初めての負け。準々決勝進出は、よくやりました。あとは天皇杯かな。こちらもベスト8ぐらいは期待したい。...

  • ルヴァンカップ 準々決勝 第1戦 FC東京 1-1 アビスパ

    8月31日の試合。終了間際のアウェイゴールでリード。しかし、J1陥落じゃ、あまり楽しめない。FC東京の監督は、前回アビスパを昇格させた篠田監督。アビスパの監督から、FC東京の監督へというのは、栄転ということになるんでしょうね。ああ、悔しい。...

  • 2ndステージ 第10節 アビスパ 2-3  磐田

    8月24日の試合。逆転負け。17位湘南との勝点差3  変わらず。15位甲府との勝点差11 1拡がった。残り7試合。数字の上では、全勝すればまだいけるが、もはや無理だと思う。5年に一回かあ。次のJ1のときには、城後はいるんだろうか。...

  • 2ndステージ 第9節 新潟 3-0  アビスパ

    8月20日の試合。14位で勝点差8の新潟との試合。勝てば残留の可能性が大きくなるが、負ければほぼアウトとなる試合。いいところなく敗れた結果、残留圏にいる15位甲府との差がさらに広がり10。残り8試合。アビスパが4勝して、湘南が全敗すれば追いつける数字。甲府の全敗は考えにくいが、それ以上にアビスパの4勝がありえない。いや、磐田、湘南、名古屋、甲府を残しているので、あるいは……。17位湘南との勝点差3  変わらず。15位...

  • 2ndステージ 第8節 アビスパ 1-2  鹿島

    8月14日の試合。ファーストステージのチャンピオンに完敗。まあ、しかたがないか。問題は、15位甲府との差が、一挙に7まで拡がったこと。アビスパがなかなか勝てないにもかかわらず、ここしばらく、15位との差は4~6程度で変わらなかった。二つ勝てれば、一挙に追いつける距離だったのだが、ちょっと離された。まだ全然諦める段階ではないが、だんだん残り試合が少なくなってきた。次節の新潟戦、その次の磐田戦は、絶対に勝たなけ...

  • 2ndステージ 第7節 大宮 1-0 アビスパ

    8月6日の試合。大宮にはなかなか勝てない。そんなことをいっていたら勝てるチームがなくなってしまうが。17位湘南との勝点差3  変わらず。15位甲府との勝点差4  変わらず。...

  • 2ndステージ 第6節 アビスパ 1-1 仙台

    7月30日の試合。勝てなかった。勝点1を獲得。17位名古屋との勝点差3  変わらず。15位甲府との勝点差 4  1縮まった。...

  • 2ndステージ 第5節 アビスパ 2-3 鳥栖

    7月23日の試合。相手のオウンゴールで先制するも、逆転負け。開幕戦に続き、今期は2連敗。17位名古屋との勝点差3  1拡がった。15位甲府との勝点差 5  2拡がった。...

  • 2ndステージ 第4節 大阪 0-0 アビスパ

    7月17日の試合。強豪相手に、アウェイで勝点1を獲得。上出来でしょう。17位甲府との勝点差 2  変わらず。15位新潟との勝点差 3  1縮まった。...

  • 2ndステージ 第3節 アビスパ 2-1 FC東京

    7月13日の試合。先制されるも、ロスタイムで逆転勝利。ほぼ一カ月ぶりの勝利。招待券が手元にあったのだが、仕事のせいで泣く泣く行くのを諦めた試合。ああ、もったいないことをした。17位甲府との勝点差 2  2縮まった。15位新潟との勝点差 4  3縮まった。...

  • 2ndステージ 第2節 横浜 3-0 アビスパ

    7月9日の試合。惨敗。FC東京から加わった元日本代表駒野選手が途中出場。17位甲府との勝点差 4 変わらず。15位新潟との勝点差 7 1拡がった。...

  • 2ndステージ 第1節 アビスパ 1-2 浦和レッズ

    7月2日の試合。第1ステージが終って一週間後には第2ステージ開始。1万8千人の大観衆が入った集まった試合。一人少ない相手に1-0から逆転される。最後の得点は認められず、敗戦。17位甲府との勝点差 4 変わらず。15位名古屋との勝点差 6 変わらず。...

  • 第17節 鹿島 2-0 アビスパ

    6月25日の試合.第1ステージ最終節。敗れて、鹿島が優勝。第1ステージは最下位。17位甲府との勝点差 415位鳥栖との勝点差 6...

  • 第16節 アビスパ 2-2 川崎

    6月18日の試合。相手は首位の川崎といえ、前半15分までに、金森の得点で2-0でリードした試合なんだから、いくらなんで勝たないとマズイ。しかも中村憲剛は腰痛で出られない。これは勝てるかも。そう思ってハラハラドキドキして試合を追っていたら、結果は引き分け。やっぱりか。そんな気がしていた、そうなると思ってたんだ。これで17位との勝点差は4。残留圏域の15位との勝点差は、同じく4。総得点11は、18チーム中の17位(最下位...

  • 第15節 甲府 1-0 アビスパ

    6月11日の試合。最下位を争う両チーム。甲府側に、ビューティフールゴールが生まれ敗戦。横浜マリノス中村俊輔のゴールといい、ガンバ大阪宇佐美のゴールといい、アビスパとやるときには、相手方に見事なプレーが生まれてしまうのはどうしたことか。きっとそれだけ、相手に余裕があるからだろう。アビスパが、それだけ弱いということか。もっとガツガツいかないと、相手になめられるのではないか。もう少し、だと思うんだがな。...

  • ナビスコカップ 第7節 アビスパ 4-2 新潟

    6月5日の試合。新潟を撃破し、グループリーグを突破!初の決勝トーナメント出場!やりました。川崎、柏のいるリーグで、6試合で2勝3分1敗は立派な成績でしょう。...

  • 第7節 アビスパ 0-0 名古屋

    6月2日。熊本地震の影響で延期になっていた試合。不調の名古屋に勝てるチャンスだったが、残念ながら引き分け。最下位は変わらず。...

  • 第14節 アビスパ 0-4 広島

    5月29日雨の日。三本のシュートで3点取られたのは試合:が始まって36分後。NHK-BSで全国放送しているのに、このザマでは、応援に行ったファンが浮かばれない。最下位転落。5月の結果。J1の方は、5試合戦って1勝4敗、勝点3。得点4、失点11、得失点差-7。惨憺たる成績。ナビスコカップは2試合で1敗1分、勝点1。得点2、失点3、得失点差-1.。こちらはそこそこ。あわせて、7試合で1勝5敗1分、得点6、失点14、得失点差-8.厳しい世界だ。...

  • ナビスコカップ 第6節 アビスパ 1-1 鳥栖

    5月25日豊田のPKで先制されるも、平井の2試合連続ゴールで終盤に追いつく。こちらはしぶとく決勝トーナメント進出の可能性を保持。...

  • 第13節 柏 3-2 アビスパ

    5月21日の試合0-1から、邦本のプロ初ゴールと、城後の2試合連続ゴールで逆転。普通なら、これで勝ってしまうはずだが、そこはアビスパ。まだまだ弱い。逆転を許してしまった。もう少しなんだがなあ…...

  • ナビスコカップ 第5節 横浜 2-1 アビスパ

    5月18日の試合。逆転負け。PKで追いつかれ、試合終了直前のロスタイムで失点という負け方。なんとももったいない。...