トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
869位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
151位
アクセスランキングを見る>>

タグ:George_Orwell のエントリー一覧

  • オーウェル14:愛国者

    (大意)最後の数章は、私には、非常に感動的だった。そこで語られている絶望と敗北主義が、必ずしも言葉通りではないだけに、かえってそうなのである。ムゲリッジ氏の一見そうみえる破滅の受容の下には、語られない事実が隠されている。つまり、かれはあるものを信じている。それはイングランドである。……数ヶ月前、著者は情報省を辞し、軍隊に加わったという。私の知るかぎり、左翼陣営の以前の主戦論者のうちの誰一人としてとら...

  • オーウェル13:プロレタリアート独裁

    (大意)もしプロレタリアート独裁が実現するとして、わたしはこれまで、プロレタリアート独裁に恐れを感じたことがまったくないのです。そうしてスペイン市民戦争で経験したもろもろのことが、それが誤りではないことを確信させるのです。しかしロシアやドイツの共産主義理論家たちによる独裁には、心底、恐怖を感じます。(ハンフリー・ハウス氏への手紙, 1940年)I have never had the slightest fear of a dictatorship of the ...

  • オーウェル12:一般良識と社会の進歩

    (大意)私たちは、これまでのすべての営為の結果として、ようやく人間生活に本当の進歩をもたらすことができる地点まで到達したのです。しかし、( 社会の基盤として ) 一般良識が必要であるという認識がなければ、これから先には進むべきでないでしょう。(ハンフリー・ハウス氏への手紙, 1940年)All we have done is to advance to a point at which we could make a real improvement in human life, but we shan’t do it wit...

  • オーウェル11:現代の知識人の欠陥

    (大意)もちろんディケンズは、政治に関してきわめて幼稚な考えしか持っていませんでした。しかし、健全な道徳感覚を持っていたので、どんな政治的、経済的な環境のもとでも、かれにふさわしい意見を見いだしたことでしょう。ビクトリア時代の多くの作家たちも同じだと思います。人間社会は、どんな政治的経済的な形態のもとでも、一般良識という基盤の上に築かれなければならないはずですが、現代の知識人の恐ろしいところは、そ...

  • オーウェル10:良い小説は、恐れを知らない人々によって書かれる。

    (大意)良い小説は、世論の追従者や、自身の反常識性に縮こまってしまうような人々によって書かれることはない。良い小説は、恐れを知らない人々によって書かれるものなのだ。従って、ふたたびヘンリー・ミラーに戻ろう。(鯨の腹の中で, 1940年)Good novels are not written by orthodoxy sniffers, or by people who are conscience-stricken about their own unorthodoxy. Good novels are written by people who are not fri...

  • オーウェル09:小説とは

    (大意)小説とは、実際上、異議申し立ての芸術における一形式である。それは自由な精神の産物であり、自律した個人によって生み出されるものである。(鯨の腹の中で, 1940年)The novel is practically a Protestant form of art; it is a product of the free mind, of the autonomous individual.(Inside the Whale, 1940, An Age Like This 1920-1940, p.568)2010.8.26のエントリ修正。...

  • オーウェル08:南回帰線

    (大意)(ヘンリー・ミラー「南回帰線」を評して ) それは、貧困と無名の中で、ゆっくりと熟成されてできあがる種類の作品である。そのような作品は、何をすべきかをわきまえ、それゆえ、待ち続けることができる人々によって産み出される。(鯨の腹の中で, 1940年)It is one of those books that are slowly matured in poverty and obscurity, by people who know what they got to do and therefore are able to wait.(Inside...

  • オーウェル07:すべての芸術はプロパガンダである。

    (大意)ここまで私はディケンズを、かれが伝える「メッセージ」の点からだけ論じ、文学的価値をほとんど無視してきた。しかし、すべての著述家は、とくに小説家なら誰でも、あるメッセージを発している。彼が認めようが認めまいが、作品のもっとも些細な部分までもがその影響下にある。すべての芸術はプロパガンダである。ディケンズ自身もビクトリア朝時代の小説家の多くも、それを否定しようとは思わなかっただろう。一方また、...

  • オーウェル06:ディケンズの登場人物について

    (大意)アルダス・ハクスリーによると、D.H.ロレンスは「バルザックは『巨大な小人』だ」と言ったそうだが、ディケンズについてもある意味それがあてはまる。ある大きな世界について、ディケンズはまったく知らなかったか、あるいは触れようとしなかった。人はディケンズから人生について直接学ぶことはあまりない。この点では読者はただちに19世紀ロシアの偉大な文豪たちを思い浮かべるだろう。なぜトルストイの把握力は、ディ...

  • オーウェル05:ディケンズと「仕事」

    (大意)ディケンズは、ありふれた動機や愛、野心、金銭欲、復讐を作品で取り扱うことになんの困難も感じていない。ただし、かれは明らかに「仕事」についてはなにも書いていない。(ディケンズ, 1940年)He has no difficulty in introducing the common motives, love, ambition, avarice, vengeance and so forth. What he does not noticeably write about, however, is work.(Charles Dickens, 1940, An Age Like This 1920-1...

  • オーウェル04:現在の小説家

    (大意)しかしながら現在の小説家は絶望的に孤立しているため、典型的な現代小説というのは、小説家自身についての小説になっている。(チャールズ・ディケンズ, 1940年)…whereas a writer nowadays is so hopelessly isolated that the typical modern novels is a novel about novelist.(Charles Dickens, 1940, An Age Like This 1920-1940, p.484 )2010.6.5のエントリ修正。...

  • オーウェル03:マラケシュ

    (大意)遺体が通ると、レストランのテーブルにたかっていたハエが、突然雲となって後を追ったが、しばらくすると戻ってきた。葬儀の参列者たちは―男か男の子だけで女はいなかった―市場の中を、ザクロの木やタクシーやラクダの間を縫いながら歩いていった。短い嘆きの言葉を繰り返し繰り返し唱えていた。こうした葬儀がハエの関心を引くのは、この地では遺体は棺に入れないからで、布でくるんで、簡単な木の台に乗せ、故人の友人4...

  • オーウェル02:革命家オーウェル

    (大意)私は、年収が5万ポンドある人間と、週15シリングを稼がなければならない人間が、互いに協力できるとか、協力しようとするだろうとかは思わない。相互の関係の本質はきわめて単純で、追いはぎと被害者の関係である。追いはぎが突然改心するだろうと考えるべき理由はどこにもない。したがって、もし西欧諸国における資本主義の問題が解決されるべきだとしたら、三番目の選択肢を通じて、すなわち純粋に革命的な運動によって...

  • オーウェル01:スターリンへのインタビュー

    (大意)著者は一度、スターリンへのインタビューに成功しており、スターリンは単純で感じの良い人物であったと言っている。そういえばH.D.ウェルズも同じことを語っていた。事実、少なくとも映画の中では、スターリンは好ましい顔をした人物である。また、アル・カポネは最高に良き夫・良き父であったし、「浴槽の花嫁」で有名な連続殺人犯ジョセフ・スミスは、7人の妻のうちの3人を殺害しながらも、彼を心から愛してくれた最...

Calendar

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

カテゴリー

レビュー