トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
106位
アクセスランキングを見る>>

モーム37:魅力的な探検


(大意)
作家は補給しなければ痩せ細っていくばかりである。新たな体験により常にその魂を豊かにしなければならない。有益な資源として、過去の偉大な文学への魅力的な探検以上のものはない。
(サミング・アップ 第27章)

The writer can only be fertile if he renews himself, and he can only renew himself if his soul is constantly enriched by fresh experience. There is no more fruitful source of this than the enchanting exploration of the great literatures of the past.
(The Summing Up, ch.27, p.93)





このエントリーのタグ: 引用句 Maugham The_Summing_Up

モーム36:傑作が現れるためには


(大意)
(一国の文学を豊かにするためには)二つ三つの作品ではなく、大量の作品を産み出すことのできる作家を持たなければならない。もちろん出来不出来はあるだろう。なぜなら一つの傑作を生むためには、非常に多くの好条件が整うことが必要だからだ。そして傑作とは、訓練されていない天才による偶然からではなく、労苦に満ちた実績の積み重ねの最高点として出現するものなのである。
(サミング・アップ 第27章)

For that you must have writers who can produce not just two or three books, but a great body of work. Of course it will be uneven, because so many fortunate circumstances must go together to produce a masterpiece; but a masterpiece is more likely to come as the culminating point of a laborious career than as the lucky fluke of untaught genius.
(The Summing Up, ch.27, p.93)




このエントリーのタグ: 引用句 Maugham The_Summing_Up

モーム35:再読について


(大意)
わたしはたくさん本を読むけれども、悪い読み手である。わたしは読むのが遅い。めったに飛ばし読みしない。どれだけひどく、どれだけ退屈な本であろうと、読み通さずにはいられない。最後まで読まなかった本は十指に満たない。

一方、二回読んだ本はほとんどない。一回読んだだけではその価値を十分理解できない本がたくさんあることはよくわかっているけれども、そのときわたしが得ることができるものを与えてくれたのであり、細かいところは忘れてしまうかもしれないが、わたしの中に永続的な豊かさを残してくれているのである。

同じ本を何回も何回も読む人々がいることは知っている。それが可能なのは、感受性をもちいてではなく、眼だけで読んでいるからである。それは機械的な運動であって、チベット人がマニ車を回すのとなんら変わりがない。無害な活動であることに疑いないが、知的な作業だと考えるのは間違いである。
(サミング・アップ 第25章)

And yet, though I have read so much, I am a bad reader. I read slowly and I am a poor skipper. I find it difficult to leave a book, however bad and however much it bores me, unfinished. I could count on my fingers the number of books that I have not read from cover to cover. On the other hand there are few books that I have read twice. I know very well that there are many of which I cannot get the full value on a single reading, but in that they have given me all I was capable of getting at the time, and this, though I may forget their details, remains a permanent enrichment. I know people who read the same book over and over again. It can only be that they read with their eyes and not with their sensibility. It is a mechanical exercise like the Tibetan’s turning of a praying-wheel. It is doubtless a harmless occupation, but they are wrong if they think it an intelligent one.
(The Summing Up, ch.25, p.89)



マニ車:チベット仏教で用いられる仏具。内部に教文が納められており、回転させた数だけ経を唱えるのと同じ功徳があるとされている。(wikipediaより)







このエントリーのタグ: 引用句 Maugham The_Summing_Up

モーム34:ブラウン氏の40年

ブラウン氏とは、モームがつけた仮名。
「人間の絆」のヘイウォードのモデル。

(大意)
かれは、20年間、本気になったときに書く作品のことを考えて楽しんでいた。そのあとの20年間は、もうすこし運に恵まれていたら書くことができたにちがいない作品のことを考えて楽しんでいた。
(サミング・アップ 第24章)

For twenty years he amused himself with thinking what he would write when he really got down to it, and for another twenty with what he could have written if the fates had been kinder.
(The Summing Up, ch.24, p.82)





このエントリーのタグ: 引用句 Maugham The_Summing_Up

モーム33:偉大な作家の作品の質


(大意)
親密さ、包容力ある人間味、肉体感を伴った静寂さ、これらはもっとも偉大な作家だけが与えることができる。
(サミング・アップ 第22章)

The intimacy, the broad human touch and the animal serenity which the greatest writers alone can give.
(The Summing Up, ch.22, p.77)





このエントリーのタグ: 引用句 Maugham The_Summing_Up

モーム32:若さと創造性


(大意)
かれらが示していたのは、若さが持つ創造性なのである。文章や詩を書いたり、ピアノでちょっとしたメロディーを奏でたり、絵を書いたりイラストを描いたりというのは、非常に多くの若者が本能的にやっていることなのである。それは遊びの一種であり、若さの充溢であり、砂の上に子供が城を築くのとなんらかわりはない。

……わたしがここで言いたいのは、この能力は、全員に共通とはいえないまでも、とても一般的なので、それからなんの結論も引き出せないということである。

若さとはインスピレーションである。芸術のもたらす悲劇の一つは、この束の間の豊穣さに惑わされて、創造への努力に全人生を捧げなければならない膨大な人々を目のあたりにしなければならないことである。

その創造力は年をとるにしたがってかれらを見捨てていき、平凡な仕事にはもはや適応できず、その前には、できもしないものをひねり出すために疲れ切った頭を悩ませなければならない長い年月が待っている。

生活の糧をジャーナリズムや教える側に求めることができれば、その厳しさはわれわれが知っているとおりだとしても、芸術につながりのあるぶんだけ、幸運だといえるだろう。
(サミング・アップ 第22章)

I know now that all they had was the natural creativity of youth. To write prose and verse, to hammer out little tunes on the piano and to draw and paint, are instinctive with a great many young persons. It is a form of play, due merely to the exuberance of their years, and is no more significant than a child’s building of a castle on the sands. ……The point I want to make is that this facility is, if not universal, so common that one can draw no conclusions from it. Youth is the inspiration. One of the tragedies of the arts is the spectacle of the vast number of persons who have been misled by this passing fertility to devote their lives to the effort of creation. Their invention deserts them as they grow older, and they are faced with the long years before them in which, unfitted by now for a more humdrum calling, they harass their wearied brain to beat out material it is incapable of giving them. They are lucky when, with what bitterness we know, they can make a living in ways, like journalism or teaching, that are allied to the arts.
(The Summing Up, ch.22, p.73)




このエントリーのタグ: 引用句 Maugham The_Summing_Up

モーム31:警戒すべきこと


(大意)
ペンはそれ自身で思想をつくり出す。著者がつねに警戒していなければならない危険がここにはあって、具合の悪いことに、書かれた文章にはある種の魔法があるのである。考えが目に見える実体を獲得したとき、その文章が独自に語りはじめてしまうのだ。
(サミング・アップ 第11章)

The pen originates the thought. The disadvantage of this, and indeed it is a danger against which the author must be always on his guard, is that there is a sort of magic in the written word. The idea acquires substance by taking on a visible nature, and then stands in the way of its own clarification.
(The Summing Up, ch.11, p.31)




このエントリーのタグ: 引用句 Maugham The_Summing_Up

モーム30:文章の明快さ


(大意)
わたしは、文章の意味を理解するのに読者の努力を要求するような物書きに我慢がならない。偉大な哲学者たちを見るがよい。きわめて精妙な思索であっても、明快に表現することが可能なのである。
(サミング・アップ 第11章)

I have never had much patience with the writers who claim from the reader an effort to understand their meaning. You have only to go to the great philosophers to see that it is possible to express with lucidity the most subtle reflections.
(The Summing Up, ch.11, p.30)





このエントリーのタグ: 引用句 Maugham The_Summing_Up

モーム29:良い文章を書くためには


(大意)
良い文章は、努力の跡を残さないものである。幸せな偶然によって書かれたかのように見えるのがよい。わたしはいまフランスでコレットほど称賛すべき作家はいないと思うのだが、彼女の表現の平明さをみると、書くのに苦労しているとはとうてい思えない。

天性のテクニックを持つピアニストがいると聞いたことがあるが、かれらは最高の名演奏家たちが非常な訓練ののちに獲得できるのと同等の技術で演奏できるという。わたしは作家の中にもそんな幸運を持つ人々がいると喜んで信じたい。なかでもコレットがそうだと思っていた。それで彼女に聞いてみたことがある。

ところが、繰り返し繰り返しすべて書き直していると聞いて、心底びっくりした。1ページ書くのに午前中をまるまる費やすことも度々あるという。しかしそれで平明な文章を得られるのであればそれにこしたことはない。

わたしがそれを得ているとするならば、すべて非常な努力によってである。わたしの才能は、不自然でも陳腐でもない適切な言葉や言い回しを、めったなことでは運んできてくれないのである。
(サミング・アップ 第13章)

A good style should show no sign of effort. What is written should seem a happy accident. I think no one in France now writers more admirably than Colette, and such is the ease of her expression that you cannot bring yourself to believe that she takes any trouble over it. I am told that there are pianists who have a natural technique so that they can play in a manner that most executants can achieve only as the result of unremitting toil, and I am willing to believe that there are writers who are equally fortunate. Among them I was much inclined to place Colette. I asked her. I was exceedingly surprised to hear that she wrote everything over and over again. She told me that she would often spend a whole morning working upon a single page. But it does not matter how one gets the effect of ease. For my part, if I get it at all, it is only by strenuous effort. Nature seldom provides me with the word, the turn of phrase, that is appropriate without being far-fetched or common-place.
(The Summing Up, ch.13, p.42-43)





このエントリーのタグ: 引用句 Maugham The_Summing_Up

モーム28:文章とハゲ

モームは文章に必要な3つの要素として、「明快」「簡潔さ」「快い響き」を挙げている。

(大意)
はっきり書くことがなによりも重要である。
明快さについては議論の余地はないが、簡素さに対しては、平板になるというリスクがある。しかしフサフサしたカツラをかぶるよりもハゲのままの方がどれだけよいかを考えれば、これは十分とるべきリスクである。
(サミング・アップ 第13章)

Anything is better than not to write clearly. There is nothing to be said against lucidity, and against simplicity only the possibility of dryness. This is a risk that is well worth taking when you reflect how much better it is to be bald than to wear a curly wig.
(The Summing Up, ch.13, p.40-41)





このエントリーのタグ: Maugham 引用句 The_Summing_Up

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 

カテゴリー

読んでいる本

レビュー