トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

since2004.10.27

最近の記事

リンク

Search 

Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
24位
アクセスランキングを見る>>

近現代詩歌

池澤夏樹=編
河出書房新社
池澤夏樹=個人編集 日本文学全集29
p.448


日本の現代詩のだいたいのところを読んでみようと思って、これが手っ取り早いかなと思って読んでみた。
明治から平成までの詩を池澤夏樹、短歌を穂村弘、俳句を小澤實という人たちがそれぞれ選んでいる。
短歌と俳句は関心がないのでナナメ読み。

詩は島崎藤村から入沢康夫まで41人。
一人につき1つか2の詩。

金子光晴と中野重治しか印象に残らなかった。

現代詩は、田村隆一、谷川雁、大岡信、荒川洋治、谷川俊太郎 とか、名前を聞いたことがある人たちの詩をたぶんはじめて読んだけれども、よくわからなかった。

といってあわてる必要もない。
そのうちわかるようになるかも。



島崎 藤村
1908
新潮社
新潮文庫
p.386


島崎藤村をはじめ、同人誌「文学界」に集った若者たちを描く自伝的小説。

作中の青木のモデルは、わずか25歳で亡くなった北村透谷。
かれの痛ましい姿が印象的。



破戒

島崎 藤村
1906

岩波書店
ワイド版岩波文庫
p.440


英語でniggerという言葉を読んでも、その言葉の持つインパクトは伝わってこないが、日本語では普通使われることない差別的な蔑称が堂々と出てくると、さすがにたじろいでしまう。アメリカ人がトムソーヤーとかハックルベリーフィンとか読むときに感じる、その中で使われている用語に対する抵抗感というのは、こんな感じなのかもしれない。

日本の自然主義文学の先陣を切った作品として、この作品が日本文学史に占める位置は高く、誰でもその名前は知っている。
知っているけれども、テーマが重たいので、これまで敬遠してきた。

読んでみると、それほど難しい話ではなく、最初は単語にとまどうけれども、そんなに抵抗感なくすらすら読める。
タイトルが戒めを破るという意味であるというのも、読んでみて初めて知った(なんとなく破壊と混同して考えていた)。

ただし、その限界は明確である。
被差別部落出身の主人公を描く作家の姿勢は、それがおかしいという批判はしていても中途半端で、しかたがないのだと半分以上肯定しているようにしかとれない。だからこそ最後の教室のシーンで、丑松が生徒に跪いて詫びるのだが、いくらなんでもあんまりだ。水平社宣言が出るのが1922年、それから15年後だとしても、時代的な思想上の制約はあるとしても、その感覚は批判を免れない。

島崎藤村は才能あふれる文学者であることは間違いないが、こうした題材をとりあげて、あえてこのような展開にしてしまうというのは、どこか欠落を感じさせる。われわれは作家に道徳家を求めているわけではなく、トルストイやドストエフスキーといった人々も別に人格者でもなんでもなく、個人生活ではかなり悪辣なところもあったはずだが、こと作品世界においては、人間の尊厳に対する感覚は信頼できる。そこのところが少し、いやずいぶん違うと思う。

戦争と平和(六)

トルストイ
Война и мир
1865-69
藤沼 貴=訳
岩波書店
ワイド版岩波文庫
p.535


ナポレオン軍の退却
ピエールの救出
ナターシャとの再会

有名なエピローグ第一部はその後の後日談。
ナターシャが太り、健康な主婦となっている。
子供にアンドレイと名付けているのは泣かせる。
ニコライとマリアは理想的な夫婦に。
ソーニャに対する冷たい扱いはどうしたことかと思うが、現実によく起こりそうなことであり、これぞトルストイのリアリズム。

エピローグ第二部はトルストイのナポレオン戦争に関する考察。

作品中にもところどころあらわれる論文部分は、最初はもっと大量にあって、まわりの反対で最低限まで切り詰めたそうだが、それでも多い。特に興味があれば別だが、そうでなければ作者がそうしたいんだから仕方がないとあきらめて、適当に読み飛ばすしかない。
というふうに、かなりいい加減に読んでしまいました。

トルストイはトルコとのクリミア戦争(1853-1856)に参加し、激戦を経験しているので、アンドレイやニコライやピエールが経験する戦争に関する描写はそのとおりなのだろう。
けれども、どこか牧歌的に思えるのは、われわれはトルストイの見ていない第一次、第二次世界大戦を経験しているからだろう(トルストイは1910年に亡くなっている)。われわれはもっと悲惨で冷酷で残酷な戦争を経験している。しかしその戦争は、トルストイがこの作品のあちこちで何度も述べているような戦争哲学や歴史哲学、戦争というのものは計画的・戦略的に行われるものではなく、誰も把握できないままでたらめに進んでいくものであり、またひとりの英雄や将軍が世界を動かしているではなく、かれらは歴史によって動かされる表象にすぎず、多くの人々の無意識の力、歴史の力が世界が動かしているのだという理論により近い世界のようだ。



戦争と平和(五)

トルストイ
Война и мир
1865-69
藤沼 貴=訳
岩波書店
ワイド版岩波文庫
p.535


第四部第二編まで。
モスクワ放棄
アンドレイとナターシャの再会
ピエールの逮捕
ニコライとマリアの再会
ピエール捕虜に
ナポレオン軍の退却



戦争と平和(四)

トルストイ
Война и мир
1865-69
藤沼 貴=訳
岩波書店
ワイド版岩波文庫
p.558


第三部第二篇まで。
ナポレオンのロシア侵入
ニコライとマリアの運命的出会い
ポロジノの戦い
ピエールの戦争見物
アンドレイの負傷



戦争と平和(三)

トルストイ
Война и мир
1865-69
藤沼 貴=訳
岩波書店
ワイド版岩波文庫
p.498


第二部第五篇まで。
ナターシャを中心に物語が展開。
ナターシャとアンドレイ。
駆け落ち事件と破局。



戦争と平和(二)

トルストイ
Война и мир
1865-69
藤沼 貴=訳
岩波書店
ワイド版岩波文庫
p.572


第二部第二篇まで。

巨額の遺産を相続したピエールの結婚と破綻と決闘。フリーメイソン加入。
アンドレイのアウステルリッツ参戦と負傷。



戦争と平和(一)

トルストイ
Война и мир
1865-69
藤沼 貴=訳
岩波書店
ワイド版岩波文庫
p.513


この岩波版では、当時の風俗や軍隊の階級、お金のことなど、作品理解に役立つコラムをところどころに入れるという思い切った試みを行っている。

これらの情報はたしかに役立つが、本文の流れをぶち切ってしまう。それで結局、最初にまとめて読むことにしたのだが、それならば、本文中に入れるより、後ろにまとめてもらっていたほうがよかったのではないかと思う。

「戦争と平和」は高校2年のときに読んで、それで読んだことにしておいたのだが、内容はまるで忘れてしまっていた。

白くてきれいな3冊本で、今調べてみると、中央公論社の「新集世界の文学」の17,18,19巻で、訳者は原卓也。




岩波の本書第一巻は第一部第二編まで。
たんたんと読み進める。

当時のロシアの評論家ストラーホフが「人間生活の完全な縮図」といい、サマセット・モームが「世界の十大小説」のなかで激賞している本作品、わたしにとってははたしてどうだろうか。



贖罪のヨーロッパ 中修道院の祈りと書物

佐藤 彰一
中央公論社
中公新書
p.286


前著「禁欲のヨーロッパ」では6世紀頃までを扱っていたが、本書は5世紀から12世紀頃までの修道院の推移。
修道院についてはまったく知らないことばかりで、本書の内容は濃すぎて正直ついていけていない。



禁欲のヨーロッパ 修道院の起源

佐藤 彰一
中央公論社
中公新書
p.282


修道院における禁欲。
どうやって成り立ってきたかを、ギリシャ・ローマ時代までさかのぼって論考する。


福翁自伝

福沢 諭吉
1899
富田 正文=校訂
岩波書店
ワイド版岩波文庫
p.346


口述筆記に加筆したものなので、非常に読みやすい。
幼いころから60歳までを振り返る。

こうして読むと、福沢諭吉という人は、過去国内に存在しなかった西洋の理念や文化を完全消化して国内に紹介する学者・文筆家・啓蒙家としての才能、慶応義塾の創設者としての実業家としての才能、社会のなかでやりたいことをやるためにうまく立ち回る実践者としての才能、そのいずれも兼ね備えた傑物だったことがわかる。

うまく立ち回るというと言葉は悪いけれども、それがなければ、ろくな資格もないのに幕府の一員として渡米も渡欧もできなかったはずで、それに、あまり本人は語っていないけれども、維新後は在野の大物として、当時の政界と全く無関係というわけにはいかなかっただろうから、政治的な手腕もたいしたものを持っていたにちがいない。

こういう人物が、実際にいたということを知るだけで、本書を読む価値がある。
しかも近くの大分県中津市出身なので、より身近に感じた。



学問のすゝめ

福沢 諭吉
1880
岩波書店
ワイド版岩波文庫
p.206


小泉信三の「読書論」で「学問のすゝめ」が出てきて、とても面白そうなので読んでみたら、予想以上に面白かった。

タイトルは誰でも知っている本書だが、まさかこんなに面白いとは。
だからこそ、明治時代にあれだけ読まれたに違いない。(国民の10人に一人は読んだらしい。いまでいうと、一億人ということになる)

平等と独立と学問(実学)の重要性を熱く語る。



大した問題じゃないがーイギリス・コラム傑作選 

ガードナー、ルーカス、リンド、ミルン
行方 昭夫=編訳
岩波書店
岩波文庫
p.229


20世紀初頭のイギリスのエッセイ集。
現代にも通じる身近な話題を取り上げて、ユーモラスに語っている。

ひまなときに、ゆるゆると読むのがいいのでしょうが、あくせくして読んだのでピンときませんでした。



読書論

小泉信三
1950
岩波書店
岩波新書
p.185


著者の小泉信三は、経済学者や慶応大学塾長としてよりも、戦後まもなく、今の天皇が皇太子だったころの教育係として知られているのかもしれない。

この読書論は、数ある読書論のはしりみたいなもの。
岩波新書から1950年に出版された。

昔は新書版というのは、岩波新書ぐらいしかなく、それも難しい本ばかりのように感じられて、この本もなかなか手に取ることがなかった。

今読んでみると、本格的で新鮮で、じわじわくるものがある良書でした。



愛書狂

フローベール他
生田耕作=編訳
白水社
p.245


書物集めに狂った人たちをテーマにしたアンソロジー。
以下の作品を収める。

愛書狂 G.フローベール
稀覯本余話 A.デュマ著
ビブリオマニア Ch.ノディエ
愛書家地獄 アスリノー
愛書家煉獄 A.ラング著
フランスの愛書家たちーアンドルー・ラング著『書物と書物人』に拠る

書物集めに関心があるわけではないが、こうした変人たちの話は、なんとなく面白い。

最初の「愛書狂」は、フローベール14歳のときの作品だという。
本狂いのマニアックな生態をこの年で描けるというのは、やはり天性のものがあるからだろうか。


完訳 釣魚大全Ⅰ

The Compleat Angler orr Contemplative Man's Recreation The Fifth Edition
アイザック・ウォルトン
1676
飯田 操=訳
平凡社
平凡社ライブラリー
p.410


英文学史では有名な本ですが、読んでみたら、タイトル通りの釣りについての技術本でした。
釣りを趣味とする人が、こんな本も読んでいますと自慢するための蘊蓄本だと思います。
もちろん、それはそれで悪いことではない。
ただ、わたしには縁がないので、下巻を読むのはちょっとね。



シルヴェストル・ボナールの罪

Le crime de Sylvertre Bonnard Membre de L'institut Calmann-Lévy
アナトール・フランス
1925
伊吹 武彦=訳
白水社
アナトール・フランス小説集1
p.293


フランスのノーベル賞作家。
初めて読むが、よくわからなかった。

それよりも、昔からこの人の名前をみると思っていたのだが、ペンネームに、国名であるフランスと入れるのは不思議な感覚ではないだろうか。
本名がジャック・アナトール・フランソワ・ティボーというので、フランソワとフランスで、あまり変わりないのかな。



文学趣味 -その養成法-

Literary Taste:How to form it
アーノルド・ベネット
1909
山内 義雄=訳
岩波書店
岩波文庫
p.190


良書です。
昔の英文学徒はずいぶんこの本の影響を受けたのではないでしょうか。

翻訳は古いけれども、短いし、読みやすい。
ないよりも、面白い。
絶版というのが残念です。

チャールズ・ラム、ハズリット、ワーズワース、そして巻末のチョーサーにはじまりギッシングに終わる購入すべき英文学図書の一覧表とか、著者の勧めるとおりにするのは全然無理だけれども、それでも読んでいると楽しい。よし、本格的な読書に取り組んでみようという気にさせる一冊です。



新修 宮沢賢治全集 第7巻(詩6)

宮沢賢治
筑摩書房
p.422


冬のスケッチ
エスペラント詩稿、歌曲などを集める。

Wikipediaによると、この「新修宮沢賢治全集(1979-80:全17巻)」は、「校本宮沢賢治全集(1967-69年:全13巻)」を基に、新たに編纂した普及版とのことである。

このあと、「新校本宮澤賢治全集(1995-09年:全17巻19冊)が出されており、現在手に入る限りの宮沢賢治を知ろうと思えば、そちらを読むべきだろうが、この普及版でも、草稿や異校が山ほどあって、お腹いっぱい。

絶えず推敲を行っていた宮沢賢治を知ろうとおもえばやむおえないことなのかもしれないが、専門家ではないので、そこまで詳しく知ってもなあと思う。全集としてはもっとシンプルなもののほうがよさそうだ。

ちくま文庫の「宮沢賢治全集(1985年-86、95年:全10巻)あたりがよさそうに思うが、まだ読んでないのでなんとも。



このエントリーのタグ: 宮沢賢治

新修 宮沢賢治全集 第6巻(詩5)

宮沢賢治
筑摩書房
p.473


宮沢賢治が最晩年に試みた文語詩を集成。
最晩年といっても、37年間の生涯なので、まだまだ若い。
この短い期間に生み出した詩と小説の量はすごいものだ。
文語詩はわかならいので、ほとんど読み飛ばしてしまった。



このエントリーのタグ: 宮沢賢治

新修 宮沢賢治全集 第5巻(詩4)

宮沢賢治
筑摩書房
p.357


疾中詩編ははじめて読む。

「丁丁丁丁丁」は恐ろしい。



このエントリーのタグ: 宮沢賢治

新修 宮沢賢治全集 第4巻(詩3)

宮沢賢治
筑摩書房
p.357


春と修羅・第三集。

日常の仕事や、その中の人間関係を題材にとった詩は、とても珍しく感じられる。
こんな卑近なことも詩にしていたのか、詩にできるのかという感じ。



このエントリーのタグ: 宮沢賢治

新修 宮沢賢治全集 第3巻(詩2)

宮沢賢治
筑摩書房
p.451


春と修羅・第二集。

膨大な詩稿。
さまざまな試み。
発表できるできないにかかわらず、どうやっても詩を書かざるを得なかった人物なのだろう。

トーマス・マンの「ベニスに死す」の中で、「現存するほとんどすべての偉大なものは、一つの「にもかかわらず」として現存し、憂患と苦悩、貧困、孤独、肉体の弱味、悪徳、情熱、そのほか無数の障害にもかかわらず成就したものだ」(実吉捷郎=訳)といっているが、なんとなくその言葉を思い出した。



このエントリーのタグ: 宮沢賢治

新修 宮沢賢治全集 第2巻(詩1)

宮沢賢治
筑摩書房
p.379


「春と修羅」の各作品の最終形だけでなく、草稿、改稿も含めて、すべて載っているのはすごいが、研究者ではないでの、そこらあたりは読み飛ばす。

長編の詩「小岩井農場」のをはじめてよいと思った。
これまでは、長すぎて、ついていけなかったのだが。
たんたんと読んでいるだけでも、繰り返し触れていると、こんなことも起こる。



このエントリーのタグ: 宮沢賢治

新修 宮沢賢治全集 第1巻(短歌・俳句)

宮沢賢治
筑摩書房
p.379


宮沢賢治の短歌・俳句をすべて集めたもの。

短歌・俳句はわからないので 、目をとおしてみただけ。
なんの感想もなし。



このエントリーのタグ: 宮沢賢治

唐詩選(下)

李 攀竜
16C 頃
前野 直彬=注解
岩波書店
ワイド版岩波文庫
p.330


このワイド版の岩波文庫は、1991年から出ているそうだが、2015年3月で休止。
高齢者向けの活字の大きい本だが、たしかにこちらのほうが読みやすくなってきた。

セレクションも優れていて、手もとに置いてときおり再読したい本、若い頃に読んだけれどもう一度読んでみたい本、これまで読んだことははなかったけれども、一度は読んでみたい本がずらりと言う感じ。いわゆる名著が並んでいる。

残念ながら現在発行していないので、本屋に行っても、あったりなかったりする。ないもの古書価か高い。図書館で借りて読むしかない。

唐詩選もそうやって読んで、ひととおり通読した。
ずいぶんいい加減な読み方だったけれども。



唐詩選(中)

李 攀竜
16C 頃
前野 直彬=注解
岩波書店
ワイド版岩波文庫
p.444


読み方としては、手元に置いて、ときどきパラパラめくってみる、というぐらいでいいのだろう。
唐詩選は、この前通読した新旧の中国名詩選と違って、別離の詩とか、望郷の歌とか、傾向がかなり偏っているので、続けて読んでいくと飽きがくるので。



唐詩選(上)

李 攀竜
16C 頃
前野 直彬=注解
岩波書店
ワイド版岩波文庫
p.386


明代に編まれた唐詩のアンソロジー。
日本でも、江戸時代からよく読まれている書物。

テレビもラジオも、インターネットもない時代には、静かな夜、知識人は、こういう書物を読んでいたのだろうか。
漢文の素養のない身としては、残念ながら、あまり入ってこない。

素読とまではいかないまでも、学校で学ぶ時代に、いくつかの詩や文章は、暗記するぐらいまで徹底的にやっておけば、後でずいぶん役に立ったのになあと思う。
実際は、受験勉強に追われてそういうわけにもいかないのだが。



ティモシー・アーチャーの転生

The Transmigration of Timothy Archer
フィリップ・K・ディック
1982
山形 浩生=訳
早川書房
ハヤカワ文庫SF
p.408


ヴァリス3部作の最終作。
ディックの遺作となった作品。

内容は普通の小説。
なので面白くない。

ディックの面白さはSF作家だからこそ。
普通の小説を書いても、出来はあまりよくないようである。



Calendar

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 

カテゴリー

レビュー